sansanは評判通りのサービスです|知って得する情報

女の人

営業のIT化

名刺

営業部署にとって、営業日報は様々な情報管理を行う上で非常に大切なツールです。それぞれの営業マンの活動内容を把握することにより、適切なアドバイスを行うことが可能となり、また進捗状況をチェックすることで売り上げ予測を把握することもできます。そして現在、これまでは紙ベースだった営業日報をITシステムとして活用するようになっています。 営業マンに負担をかけないようにと、どこからでもアクセスできるシステムを導入し、さらにそれをみんなで共有することにより、営業ノウハウをも共有して部署全体の売り上げを向上させることも可能となっています。クラウドとの組み合わせによって、これからはその導入も手軽に行えるとともに、システム管理も簡単に行えるようになると予測されています。

営業日報のシステムを構築する際に注意すべき点として、その入力の煩わしさを極力排除することが挙げられます。できる限り多くの情報が欲しいと願うのは管理者の希望ですが、そのために入力項目を詰め込み過ぎてしまっては営業マンの負担が増えてしまいます。すると意図とは逆に役立つ生きた情報がなかなか入力されずに終わる可能性も出てきてしまうわけです。 営業日報のシステムを設計するにあたっては、どのような情報を必要とするのかを最低限に絞って決めておくことが必要となります。顧客の管理に重点を置くのか、それとも営業マンの成長のためのツールとするのかなどです。そして負担を感じることなくどこからでも、手軽に必要な情報を入力できるものとすることが大切です。

営業をよりスムーズにするためには名刺の管理も重要になってきます。最近はsansanを利用して名刺をデータ化して業務の効率化をしている営業マンも多いのです。sansanは評判が良いので安心して利用することができるでしょう。実際に評判を確認したい場合はインターネット上の口コミを見ると良いです。

電話代行のメリット

PCとグラフ

電話の対応に追われて本来の業務に遅れが出てしまう場合もあるでしょう。電話代行サービスを利用している企業も多くなってきています。コスト削減に向けて賢く利用しましょう。

詳細を確認する

今後の委託業務の動向

PCとメンズ

多くの大企業や中小企業は、顧客の獲得など売上を伸ばすため試行錯誤しています。その中で注目されているのが営業支援をしてくれる外部委託会社です。導入のメリットと動向について紹介します。

詳細を確認する

入力代行を依頼

スーツの人

システム化を行った場合に、紙で管理していた情報を電子データに置き換える必要がある。その際にスキャナーなどで取り込む方法があるが、情報をそのままシステムに取り込むためには、データ入力を行う必要がある。

詳細を確認する